小泉今日子、黒いブラジャーの谷間に…成熟したオンナ

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20080920/Fuji_EN_320080920002.html




アラフォー世代真っ直中の小泉今日子(42)は自分の居場所をスクリーンに定めたようだ。

 この秋、相次いで主演映画が公開される。結婚・離婚を経て人生のキャリアを積んだかつての最強アイドルは映画女優として独特の存在感を醸し出している。

 病院の診察室。黒いブラジャーに包まれた豊満バストの谷間が成熟したオンナの色気が漂う。現在公開中の「グーグーだって猫である」(犬童一心監督)のワンシーンだ。小泉は万事控えめな独身の女流漫画家役。診察室にいた医師が、飼いネコのグーグーを通じて知り合い、心を引かれていた男性だったと気付き、あわてて上着を着こむ様子が面白い。

 一方、カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受けた「トウキョウソナタ」(黒沢清監督、27日公開)では、家族全員が秘密を抱える一家での主婦役。こちらは、心にシリアスな感情を抱く女性だ。家に押し入った強盗(役所広司)に連れられて向かった海辺の小屋でのレイプまがいのセックスシーンが圧巻。映画評論家のおかむら良氏は「女優としてやれるところまでやる、いい意味の開き直りを見た。アイドルが女優に変わっていく過程を見たようですごく興味深い」と語る。

「グーグーだって猫である」

現在公開中。

トウキョウソナタ」

27日より公開。

2作品とも映画である。

バラエティ番組ではない。

よって

グーグーは猫

ソナタもトウキョウ

エドじゃない。


2008年09月21日 Posted byナオユキ at 11:27 │Comments(2)

この記事へのコメント
受けました。
わかりやすいって素敵です。
Posted by 森香 at 2008年09月21日 13:32
森香>どうもどうも。
Posted by ナオユキナオユキ at 2008年09月29日 09:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。